TOP » 【コラム】うつ病や自律神経失調症の秘密 » 新型うつ病と間違われやすい心の病気

新型うつ病と間違われやすい心の病気

新型うつ病と間違われやすい心の病気

 前のページでは、うつ病と新型うつ病の違いについてお伝えしました。
うつ病と新型うつ病の違いについては、うつ病と新型うつ病の違いのページをご覧ください。
 このページでは、新型うつ病と間違われやすい


など心の病気についてお伝えしています。

パニック障害

 ある日突然、呼吸困難や息苦しさ、動悸、手足のしびれ、頭痛、めまいなどの身体症状が現れ、「死んでしまうかもしれない」という不安と恐怖に襲われることがあります。
病院で受診しても身体的には全く異常はなく、ストレスなどの精神的なことが原因である場合、その病態をパニック障害といいます。新型うつ病のほうが、従来のうつ病よりもパニック障害を伴いやすいと考えられています。


 ただし、パニック障害を伴うからといって新型うつ病を断言できるわけではありません。新型うつ病では、初期症状としてパニック発作を示すことが多く、当初はパニック障害と診断されていたケースが、後に新型うつ病となるケースもしばしばあるので、パニック障害と新型うつ病は密接に関連しています。


 重要な点は、従来のうつ病の場合、うつ病が先に存在し、うつ病の部分的症状としてパニック障害を伴うパターンが多いのに対して、新型うつ病の場合、不安や葛藤がパニック発作という形で出現するということです。
新型うつ病の基盤として位置づけられる不安や葛藤が必然的にパニック発作として表れるようにみえます。パニック障害と新型うつ病がほぼ交互にみられることがあるくらい密接に関連しています。


パーソナリティ障害(人格障害)

 パーソナリティ障害は、極端に感情が揺れ動き、衝動的に問題行動を起こすのが特徴です。
それは、感情や対人関係、行動の「不安定さ」にあります。怒りのコントロールも困難で、衝動的に家庭内暴力や過食、リストカットなどに走る場合があります。


新型うつ病の気分反応性や拒絶過敏性とよく似ている部分があるので、パーソナリティ障害の違いとして、新型うつ病は、病前はしっかりしたよい子で、社会適応していた、治療者を操作しようとしない、自分と治療者以外の他者を適切に評価できます。
パーソナリティ障害は根底に空虚感や「見捨てられる不安」を持っていることが多いです。


自律神経症状

 新型うつ病の初期症状として、自律神経症状がみられることがかなり多く、自律神経症状の出現によって心療内科や精神科を受診することも少なくありません。
ただ、単にストレスによる自律神経症状が見られたに過ぎないレベルなのか、うつ病圏内の初期症状なのかを鑑別する必要性があります。経過を見ていけば答えは明らかになりますが、新型うつ病にみられる特徴を一つ一つ照合していけば、その鑑別はそう難しくないように考えられます。


 このページでは、新型うつ病と間違われやすい心の病気についてお伝えしました。次のページでは、新型うつ病の予防対策についてお伝えします。



人気の記事ランキング
症状に合わせた整体法
病気や症状の情報
顎関節症の情報
うつの基礎情報
うつや自律神経失調症を改善する生活スタイル
うつ病や自律神経失調症の薬の情報
感情とうつ病や自律神経失調症の症状の情報
脳や神経の情報
関連ページ

*

*

*

*

*

このページの上部へ



©2013 うつ・自律神経失調症整体専門家集団 健療院グループ.