TOP » 【コラム】うつ病や自律神経失調症の秘密 » うつ病自律神経失調症について

うつ病・自律神経失調症について|うつ病・自律神経失調症の整体専門家集団 「健療院グループ」

うつ病・自律神経失調症について

ここで少し、うつ病や自律神経失調症のご説明をしましょう。


うつ病とは、主に心に症状が出てきます。


意欲が出ない・何に対しても興味がわかない・心から笑えない、喜べない・頭が働かない、集中力ない・死にたくなる・など、主にうつ病は心に症状が出ます。


一方、自律神経失調症は、


頭が重い・不眠症・めまい・耳鳴り・難聴・のどの違和感・食欲不振・胃炎・膨満感・大腸炎・便秘・下痢・ひん尿・膀胱炎・動悸・息苦しい(息切れ)・疲労感が取れない・ふるえやけいれん・しびれ・手足に力が入らない、女性では生理痛や生理不順、不妊症などもあり、男性では性欲減退やEDなど、


自律神経失調症は主に体の症状が出るのです。


うつ病の症状として、不眠症や体重の減少や増加というのもありますが、これは自律神経失調症の時にすでに出ている体の症状になります。


先ほどお伝えしたように、体の症状が先に出るので自律神経失調症の状態がうつ病よりも先に来ます。多くの場合は、体の症状に何ら有効な対応が長期間できない場合、うつ状態になりそしてうつ病になってしまうのです。


うつ病と自律神経失調症の症状の悪化との相関図


生きていると何かとストレスが加わります。

大きなストレスが病気の原因だというのはあなたもご存知でしょう。


重要なのは「ストレス=心のストレス」と考えてしまわないことです。

ストレスは心に負担がかかる「心のストレス」と、体に負担がかかる「体のストレス」の二つに分類されます。


この二つを別々に考えなければ、うつ病や自律神経失調症に有効な対応が出来なくなるのです。


ストレスを受止める脳は、私たちは一つしかありません。

そのため、心のストレスも体のストレスも両方とも脳に負担をかけます。


仮にここでは100%のストレスがかかると、不眠症やめまい、やる気が出ないなどの体と心の両方の症状が出るとします。


先ほど、うつ病や自律神経失調症になりやすい体のゆがみがあるというのは先ほどお伝えしましたが、そのうつ病や自律神経失調症になりやすい体のゆがみのストレスが70%かかっているとします。


ここで人間関係などのトラブルで心のストレスが30%かかったとします。すると100%になるので症状が出てきます。


ここで「ストレス=心のストレス」と考えていると、30%しかないストレスを一生懸命少なくしようとしてしまいます。


*
人間関係のトラブル...



お分かりのとおり、この場合は体のストレスを先にとる方が効率的ですよね。

たとえ心のストレスを全てなくしたとしても、まだストレスは70%もたまっているのです。


体のストレスは先ほどお伝えしたように、「体のゆがみ」・「姿勢」・「動き」そして「栄養素の過不足」などがあります。


また、「温度や湿度、気圧の変化」なども体のストレスになりますので、これらを心のストレスよりも先にとるような対策がうつ病や自律神経失調症の方には必要です。


各ストレスに対する対策方法は、「うつ克服の4つのポイント【対策編】」に詳しく書かれていますのでご確認ください。

心のストレス

では、心のストレスが多い場合はどうなのでしょうか?


この場合も心のストレスが徐々に体にストレスを与えるので、体のストレスを取ることが必要です。


例えば心のストレスで怒りという感情を持ったとします。

心のストレスは、感情を抑え込むことにあります。


通常、社会生活を生きていれば、本当は怒りたい相手に対して我慢することも多々ありますよね。


つまり、怒りという感情は感情を出してしまえばそんなにストレスになることはないのですが、その怒りを出さないように我慢することが心のストレスになるのです。


感情を抑えこむ

では人間はどうやって感情を抑え込むのでしょうか。


それは筋肉を硬直させて筋肉の力で感情を抑え込むのです。


怒りを我慢したり泣きたいのを我慢したりした時のことを思い出して下さい。

体のどこかに力が入っていたはずです。筋肉が緊張しているのです。


多くの場合は、首・肩・背中・横隔膜・骨盤隔膜などの硬く筋肉が緊張します。


人は大人になるにつれて、筋肉の緊張で感情を出さないようにする能力を身に付けていくのです。


感情を抑え込まない新生児や感情の抑え込みが未熟な子供の筋肉はどこも柔らかいのです。


子供から大人になるにつれて感情を出さないようにすることを覚えていきます。


これは社会生活を営むうえでとても大切なことです。

しかし感情を出さないようすることが過剰になることで筋肉の緊張が習慣化するのです。


例えば、あなたが肩こりや持っている場合、その原因が「仕事が忙しいため」「パソコンを長時間行ったため」という場合もあれば、実は「感情を出さないことによる筋肉の緊張」という場合もあるのです。


感情を出せずに心にストレスがある方は、体のいたるところに筋肉の緊張があります。


*
感情を出せずにストレスを貯めこんでいませんか?



逆に言うと、その筋肉の緊張を取らない限り、心のストレスを取れないばかりか酷くなることさえあります。


例えばその肩コリがひどくなると、だんだんイライラしてくるということがありますよね。この筋肉の緊張を取ると我慢している感情も和らぎ心のストレスが軽減するのです。


※感情と筋肉の関係については「うつ病の隠された原因。感情と筋肉」のページに詳しくまとめてあります。


このようなことからうつ病や自律神経失調症の方は、薬やカウンセリングも必要な人には必要ですが、すべの人に必要なのが体の調整なのです。


そのため健療院グループでは、体を元気な状態に戻す整体を主としてうつ病や自律神経失調症の症状の改善、克服に力を入れているのです。



【うつ病や自律神経失調症の薬の情報】




【コラム】うつ病や自律神経失調症の秘密

*

*

*

*


このページの上部へ



©2013 うつ・自律神経失調症整体専門家集団 健療院グループ.