-自律神経の乱れ-第2章「なぜあなたのうつ病は治らないのか」

自律神経の乱れ

前頁の「うつ病や自律神経失調症の原因と4つのストレス」のページでは、あまり知られていない「うつ病の原因」と4つのストレスについてお伝えしました。


そして、あなたが感じたであろう「なぜ、ストレスがあるとうつ病になるのか?」という疑問を理解するために、このページでは自律神経の基礎知識である「自律神経の乱れ」というテーマでお話していきたいと思います。


基礎知識の「自律神経の乱れ」が分からなければ、その先を理解することは不可能ですから、ゆっくりでもいいので理解しながら読み進めていきましょう。


交感神経と副交感神経

まずはじめに、「自律神経の乱れ」と深い関わりをもつ「交感神経と副交感神経」ついてお伝えしていきます。


自律神経には交感神経と副交感神経の2種類の神経があります。


交感神経が働くと脳と体がいい意味でも悪い意味でも緊張します。

この緊張は脳や体を動かしやすくするためであり、主に日中に働きます。


逆に副交感神経が働くと脳も体もリラックスします。

究極のリラックスが睡眠ですから副交感神経は夜に働きます。


この副交感神経がきちんと働くことでぐっすりと眠れ、疲れも取れ、うつ病も治り、元気になるのです。


交感神経と副交感神経の働きをグラフにすると下図ようになります。


*


先ほど「うつ病の原因と4つのストレスのページ」でお伝えしたとおり、4つのストレスが多いと、交感神経と副交感神経の働きが乱れます。


これを「自律神経の乱れ」といいます。


「自律神経の乱れ」とは通常ならば副交感神経が働かなければならない時に交感神経が働いてしまい、交感神経が働かなければならない時に副交感神経が働いてしまうことをいいます。


例えば、夜はぐっすり眠りたいと思ったとします。


そのためには副交感神経が働かなければならないのですが、交感神経が働いてしまって眠れない。


そして日中は働いたり遊びたいと思ったら。


*
夜はぐっすり眠れていますか?



そのためには交感神経を働かせないとならないのですが、副交感神経が働いてしまい眠たくなる。


あなたはこのような経験をしたことがありませんでしたか。

これはストレスが多くなったために自律神経が乱れている証拠なのです。


この自律神経が乱れている状態が続くことを「自律神経失調症」といいます。


そして、この自律神経失調症が悪化することで「うつ病」になるのです。

つまり、自律神経の乱れが「うつ病の入り口」なのです。


「眠れないことなんか結構あるよ。それがうつ病なんていいすぎだ」と、思う方もいるでしょう。


しかし、不眠は自律神経が乱れている結果であり、うつ病の入り口であることを認識しなければなりません。


まだうつ病ではないかもしれませんが、頻繁に眠れない夜を過ごしているなら、それは間違いなく自律神経失調症であり、うつ病への入り口なのです。


「うつ病に至るまでの段階」については、この先のページで詳しくお伝えいたしますが、自律神経の乱れがうつ病の入り口だということは絶対に忘れないでください。


もちろん、うつ病の方はすでに自律神経が乱れています。


交感神経と副交感神経の働き

そして自律神経には、我々が意識していないところを動かす働きがあります。


例えば心臓。あなたは心臓を意識して動かしていないですよね。


また、食事をした時にあなたが「胃を働かそう」と意識しなくてもあなたの胃は自動的に働いてくれています。


*
意識しなくても働いてくれるのが自律神経



これらは自律神経がコントロールしてくれているのです。


自律神経はこのようにあなたが意識しなくても自動的に交感神経を働かせたり副交感神経を働かせたりして、心臓を動かしたり胃を働かせたりしています。


具体的に交感神経や副交感神経がどのように働いているかを知りたい方は下記の表をご覧ください。


場所 交感神経 副交感神経
心臓 脈拍が早くなる 脈拍が遅くなる
血圧 高くなる 低くなる
唾液 少なくなる 多くなる
縮んで硬くなる
胃液の量が減る
軟らかくなる
胃液の量が増える
小腸・大腸 動きが悪くなる 動きが早くなる
- よく出る
全体 脳や体が活発に動く
働く・学ぶ・遊ぶ
休む・眠る
体を治す

当院では、整体以外にもヨガをベースに整体と心理学の知識が使われており、自律神経の自己コントロールを目的とした回復プログラム「メンタル エナジー・ヨガ」も開催しています。


ご興味のあるかたは「うつ病病・自律神経失調症専門のメンタルエナジー・ヨガのページ」をご覧ください。


以上、自律神経の基礎知識である「自律神経の乱れ」についてお伝えしていきました。


ここまで読み進んでいただいているあなたには、うつ病の原因が自律神経の乱れと深く関わっているということが、理解されてきたのではないでしょうか。


では引き続き、自律神経の基礎知識「自律神経の乱れ」を理解した上で、次の「自律神経のストレス反応」のページで、「なぜストレスがあると自律神経が乱れてうつ病になるのか?」という疑問について理解していきましょう。


関連ページ

このページの上部へ



© 2012 健療院グループ