TOP » 動画で情報をみる » 心と体が楽になる呼吸法#4『片呼吸法』

心と体が楽になる呼吸法#4『片鼻呼吸法』


» その他動画の一覧はこちらから



今回は「片鼻呼吸法」をおこなっていきます。


片鼻呼吸法は、左右の鼻の穴から交互に、息を吸ったり吐いたりというのを繰り返していきます。


自律神経を整える効果があります。


首から上の血行を促進することによって、頭が非常にスッキリします。

顔の血流も良くなる非常に優れた呼吸法です。


片鼻呼吸法のポイント

まず右手を前に準備して、左手で肘を支えていきます。


中指と人差し指の2本を眉間のあたりに置きます。


薬指と小指で、左の鼻のあたりに置きます。


親指を右の鼻に軽くそえます。


まず、左の鼻の穴から息を吐いて、吐き終えたら、左から吸います。


一度、左の鼻の穴を栓をするように閉じます。


今度は、右の鼻から吐きます。


そして、右の鼻から吸います。


*

頭がスッキリして、顔の血流も良くなりますよ。

右の鼻を閉じて吐きます。


左の鼻から吸う、閉じる、吐く。


この流れを繰り返し行なってみましょう。


慣れてきたら吐く息の動作を長めにおこなってみてください。


5分位行うと更に効果的です。


終わったらゆっくりと手をおろします。


うつ病・自律神経失調症専門のヨガ「メンタル エナジー・ヨガ」




» その他動画の一覧はこちらから


*


このページの上部へ



©2013 うつ・自律神経失調症整体専門家集団 健療院グループ.