うつ病・自律神経失調症の整体専門家集団「健療院グループ代表 鈴木直人」

体を元気にして心を元気にする整体院グループ

当院は不眠症・めまい・耳鳴り・動悸・息苦しい・パニック障害・不安・顎関節症などに詳しく、藤沢市で21年の実績があり川崎、代々木上原にも分院があります。

【お知らせ】

誠に勝手ながら、年末年始は2016年12月30日(金)~2017年1月5日(木)をお休みとさせていただきます。
1月6日(金)の開院時間は下記の通りとなります。

  • 健療施術院(本院)2017年1月6日(金)10:30~
  • 川崎 整体健療院2017年1月6日(金)13:45~
  • 代々木上原 健療院2017年1月6日(金)13:45~

【お知らせ】

誠に勝手ながら、年末年始は2016年12月30日(金)~2017年1月5日(木)をお休みとさせていただきます。
1月6日(金)の開院時間は下記の通りとなります。

  • 健療施術院(本院)
  • 2017年1月6日(金)10:30~
  • 川崎 整体健療院・代々木上原 健療院
  • 2017年1月6日(金)13:45~

【ご予約・ご相談は今すぐお電話で】

  • 健療施術院本院(藤沢)
    【月・木・土】9:00~19:45、【火・金】9:00~16:45、【日】9:00~19:00
    0466-33-3299
  • 川崎整体健療院(川崎)
    【月・木・土】9:00~19:45、【火・金】9:00~16:45、【日】9:00~19:00
    044-540-3211
  • 代々木上原健療院(代々木上原)
    【月・木・土】9:00~19:45、【火・金】9:00~16:45、【日】9:00~19:00
    03-6407-2355

※各院、12:00~13:35はお昼休みのため電話につながりません。ご了承ください。

症状に合わせた整体法

症状に合わせた整体法

*

*

【コラム集】うつ病・自律神経失調症の秘密

*

【対策編】うつ克服の4つのポイント


*

*

患者さんの喜びの声

妻がめまいで倒れ、ありとあらゆる検査をしても原因が分からず、異常なしの診断。又は無理やり名付けたような病名で後遺症が残る可能性がある手術を勧められどうして良いかわかりませんでした。仕事はもちろん家事も出来ず、食事ものどを通らず体重もどんどん減っていき、「死んだほうが楽」とも口にしはじめ

…続きを読む

*

*

健療院グループとは?

*


動画で情報をみる

動画で情報をみる


*

うつ病や自律神経失調症に、なぜ整体なのでしょうか?

どうしたら、うつ病や自律神経失調症は治るのでしょうか?


薬がいいのでしょうか?

カウンセリングがいいのでしょうか?

それとも栄養の問題なのでしょうか?

トラウマの問題なのでしょうか?

性格の問題なのでしょうか?


「うつ病の治療にはどんな治療がいいのか。」


実はうつ病の専門家と言われている人たちの間でさえ意見は大きく異なり、うつ病に対してこれだという答えが決められずにいるのが現状です。


そのため同じ医師という立場の方から、全く反対の意見を聞かされて戸惑うということが起こります。


例えば、うつ病に薬は重要と言われたり、うつ病に薬はダメだと言われたり…。

専門家でさえこのような状態ですので、普通の方の多くはインターネットや本などからの情報にほんろうされているのではないでしょうか?


それらのうつ病に関する情報の中で一般的に「うつ病は『心』に問題がある病気」と書かれているのが多いです。あるいは「うつ病になる人は『性格』に問題がある。」と考えられたりもしています。


しかし、このうつ病の問題であると思われている心や性格が、もし体の異常が原因で起きているとしたら、あなたはどう思うでしょうか?


*
体の異常が原因でうつになる?


整体で心と体を改善させる

我々、健療院(けんりょういん)グループは心や性格も大切にしながらも体を改善させることによりうつ病や自律神経失調症を改善させていくことをしています。


ですからうつ病や自律神経失調症の患者さんにも整体を行うのです。


つまり、一つの方向からではなく、色々な方向からうつ病や自律神経失調症という現象を観察し、色々な方向から総合的な対策をしていくことを行っているのです。


すると「心や性格だけが問題」として扱った時よりも早く病気が改善することを私たちは日々患者さんを相手に経験しています。


もちろん、うつ病が心や性格に全く関係がないとは言いません。「病は気から」ということわざがあるように、心にも大きな問題を抱えている方が多いです。


そのため、うつ病には薬もカウンセリングも必要な時には必要です。


*
必要な時に、必要な対策をするのが重要です。


(薬は勝手に止める方も多いですが、これは危険なのでやめて下さい。必ずお医者さんと相談し、納得がいかないようなら別のお医者さんに相談するなどして、必ず医師の指示に従うことをお勧めしております。)


体が心に影響するという考え方

しかし、心や性格にだけに偏った治療をしている限り、本来は改善するうつ病や自律神経失調症も改善しなくなってしまうのも事実です。


健療院グループが行う整体を受けていただくと、いかに体が心や性格に影響を与えているかが分かるでしょう。


うつ病や自律神経失調症の方の多くの場合、体の症状が出てきてそれをほっておくと心の症状が出てくるのです。そして本格的に自律神経失調症からうつ病になるのです。


例えば、胃が痛いとします。最初はあまり気にしませんが、長く続くと「ひょっとして胃ガンかもしれない」とネガティブに考え不安になってしまいます。


すると段々胃が気になり始め、気になることで更に胃の痛みが大きくなってきます。


*
体の症状が心に影響するなんて考えたことありますか?


このようなことは胃の痛みだけでなく他の症状でもよくあることです。

これは体の症状が先に出て、それが心に影響を及ぼしているために起こるのです。


この体が心に影響するという考え方は何も新しい考え方ではありません。


生物の進化や発生学的に考えても、そして人間が育っていく過程においても、常に体が先に作られ心は後から作られます。優先順位はいつも体が先なのです。

生物的に心がない(あるいはほとんどない)生物(アメーバ・虫・魚類など)はたくさんおりますが、体のない生物は存在しません。


もちろん心も大事ですが、心の状態が体に影響するということよりも、体の状態が心に影響を与える方が大きいということが考えられるのです。


「私は体の症状はないけど気分がすぐれない」という方もいるでしょう。


そのような方は、感覚がマヒしてしまい体の症状に気付かなくなっている可能性があります。


このような方は我慢強かったり、感情をあまり外に出さなかたりする方が多いですが、実は体はきちんと症状という信号をあなたに送っているのです。


子供のころからその信号を発していることさえ多々あります。

自分では気付かない癖があるように、自分では気付かない体の症状があるのです。


(後ほどお伝えしますが、それは多くの場合、筋肉の硬直という症状から始まります。)


このことから、うつ病や自律神経失調症の方は、薬やカウンセリングも大切かもしれませんが、体の調整も重要になるのです。


例えば、あなたはうつ病や自律神経失調症になりやすい「体のゆがみ」があることを知っていますか。


また、うつ病や自律神経失調症になりやすい「姿勢」というものあり、同じくなりやすい「動き」というのもあるのを知っていましたか。


*
体のゆがみを整体で整えて、改善させていきます。


これらうつ病や自律神経失調症になりやすい「姿勢」や「動き」は整体を行うことで改善されるものであり、薬やカウンセリングでは改善や克服はしにくいのです。


※引き続き、ご興味があれば「うつ病・自律神経失調症について」をご覧ください。

*


*

*

*

*


このページの上部へ



©2013 うつ・自律神経失調症整体専門家集団 健療院グループ.