TOP » 症状に合わせた整体法 » めまい耳鳴り難聴の整体

めまい・耳鳴り・難聴の整体

めまい・耳鳴り・難聴の整体

めまい・耳鳴り・難聴の整体

自律神経失調症の症状で多いのがめまい・耳鳴り・難聴といった症状です。


これらは自律神経の働きが乱れているために出ている症状なので、自律神経を整える整体を行います。


また、これらの症状は頭蓋骨のゆがみも関連していますのでその調整もいたします。


自律神経の働きが乱れると血管が細くなります。すると、酸素や糖などが届きにくくなり、平衡感覚をコントロールする神経(前庭神経)や音を感じ等神経(蝸牛神経)が誤作動を起こします。


すると、めまいや耳鳴りが起こります。音を聞く神経の機能が低下すると難聴になります。


平衡感覚をコントロールしている場所である三半規管(さんはんきかん)と前庭神経、音を聞く場所である鼓膜と蝸牛神経は頭蓋骨の中にあります。


実は頭蓋骨はゆがみことがあり、ゆがむことで三半規管・前庭神経・鼓膜・蝸牛神経などに負担がかかり、めまいや耳鳴り、難聴が起きてしまうのです。


そのため、めまい・耳鳴り・難聴の症状がある場合は、自律神経を整える整体や頭蓋骨の調整を行います。


*

めまい・耳鳴り・難聴といった症状は自律神経の乱れが原因であることが多いです。


*

頭蓋骨のゆがみについては「頭蓋骨のゆがみ」のページに詳しく書かれていますので、そちらをご覧ください。



施術の手順

  1. まずはどのような症状があるのか患者さんからよく聞きます。

  2. その後に検査などをして整体を行います。

  3. 整体が終わりましたら説明をし、今後の施術の流れやアドバイスをお伝えします。またご質問がありましたらそれにお答えします。

*


*


*



※めまい全般に関しては当院の専門情報サイトである「めまい大辞典」をご覧ください。


めまい・耳鳴り・難聴の症状に悩む患者さんからの声


めまい・耳鳴り・難聴の症状に悩む患者さん




*


*

*

*

*

*

このページの上部へ



©2013 うつ・自律神経失調症整体専門家集団 健療院グループ.