TOP » 【コラム】うつ病や自律神経失調症の秘密 » うつ病・自律神経失調症と息苦しい呼吸

うつ病・自律神経失調症と息苦しい呼吸

うつ病・自律神経失調症と息苦しい呼吸

 あなたは、息苦しい思いをしたことがありますか?

もしくは、不眠症や頭痛・めまい・やる気が出ない・不安感などの症状に悩まされていませんか。


 このページでは息苦しさの原因とうつ病・自律神経失調症の関係性についてお話していきます。

対策方法もお話していますのでご参考にしてください。


息苦しい原因は...

 当たり前ですが、人間の体内には酸素が必要です。

そのために人間は呼吸をしているのですが、うつ病や自律神経失調症の方にはこの呼吸がうまくできなくなっている方が非常に多いです。


 そして不眠症・頭痛・めまい・やる気が出ない・不安など色々な症状が出ている方も多いのです。

呼吸といっても大まかに分けると2つの呼吸があります。


 一つ目は肺でする呼吸、二つ目は細胞レベルでの呼吸です。

うつ病や自律神経失調症の方の多くの方はどちらか一つ、または両方の呼吸ができていないのです。


肺でする呼吸を妨げている原因

 肺の呼吸はご存じの通り、肺で息を吸い込み酸素を取り入れます。

うつ病や自律神経失調症で息苦しい症状をお持ちの方はこの肺がうまく膨らみません。

そのために息切れや息苦しさを感じるのですが、実は肺じたいは自ら膨らむことができません。


 肺がうまく膨らまない方は、肺が悪いのではなく肺を膨らます機能に問題があるのです。


 肺を膨らます機能を持っているもので最も重要なのは横隔膜です。

横隔膜が上下することで、肺が息を吸い込み膨らんだり、息を吐きしぼんだりします。うつ病や自律神経失調症の方は、この横隔膜の動きが硬くなっている方が多いのです。


*
肺の下にあるのが横隔膜



 その原因として考えられるのは2つあります。


*筋肉の緊張

 息を吐く筋肉が緊張していると肺を縮めようとする力が働きます。そのため、息を吸いたくても抵抗がかかって吸えません。

風船を手で押しつぶしている状態で風船を膨らませているようなものです。

息を吐く筋肉は、内肋間筋・外腹斜筋・腹直筋などです。


 これらは息を吸う時に伸びてくれないと息を吸うことができません。

そのため、これらの筋肉が緊張していると息切れを感じたり息苦しくなったり、空気を吸っても吸ってもなかなか肺に空気が入って来ない感覚がします。


 また、息を吸うには肺が膨らみますが、この際、肋骨も上に動く必要があります。

肋骨が上に動かないと肺が膨らむスペースができないのです。


*
肋骨を横からみると、息を吸う時に肋骨は上に上がる。



 息を吐く筋肉は肋骨を下げる筋肉ですので、肋骨が上に上がらなくなります。

すると息を吸おうと思っても肋骨に抵抗がかかり息苦しくなるのです。

ちなみに横隔膜は吸う筋肉ですが、緊張すると吸った状態で固まってしまうことが多く、それ以上に吸おうと思っても横隔膜がもう吸えない状態になっています。そのため、吸うことができずに呼吸が苦しく感じるのです。


 つまり、横隔膜そのものが硬く緊張することで、呼吸が苦しくなることもあるのです。

また、横隔膜の動きは横隔神経でコントロールしていますが、この神経は頸椎(首の骨)の3番4番5番から出ています。そのため、首の筋肉が緊張すると横隔神経を締め付けてしまいます。すると、脳が横隔膜を動かそうと指令を出してもそれが横隔膜に届きにくくなってしまいうまく呼吸ができなくなり息苦しくなるのです。


 これらの原因は色々とありますが、根本的な原因は感情を溜めこむことです。 精神的なことが呼吸に強く反映されますが、それは感情の問題が横隔膜に出やすいからです。

(詳しくは「うつ病の隠された原因。感情と筋肉」のページをご覧ください)


*胃と肝臓の状態

 呼吸をするには主に横隔膜が上下に動くのですが、横隔膜の下には胃や肝臓があります。


 通常は横隔膜と胃の間にはスペースがありますので、横隔膜が下がるのを胃は邪魔をしないのですが、胃が上に上がってしまうと横隔膜が下がるときに胃とぶつかってしまいます。


*
通常は横隔膜と胃の間にスペースがある



 そのため、横隔膜が下がらずに息がすえないような感じがしてしまいます。

これは自律神経失調症に多い息苦しさです。


 胃下垂の方でも胃が上がる部分と下がる部分は違うので、胃下垂の方でも胃が上がり呼吸が苦しくなる場合も多いです。

また、横隔膜と肝臓の間はくっついていますが呼吸とともに横隔膜が下がってきても、肝臓は3センチほど下に下がりますので、通常は息が苦しいとは感じません。


*
胃下垂でも場所によって胃が上がり呼吸が苦しくなる場合もある



 しかし、肝臓が硬くなると横隔膜が下がらなくなり、息が苦しく感じることがあります。


 冒頭に申し上げましたが、うつ病や自律神経失調症など、呼吸が苦しい方の多くは細胞まで酸素が十分に届いていないため、息切れや息苦しいという症状以外にも不眠症・頭痛・めまい・やる気が出ない・不安などの症状が出やすくなります。


肺でする呼吸の息苦しさ対策

 息苦しいことへの対策として、まずは息を吸うことではなく吐くことに意識を集中して下さい。

息苦しいという症状の方は、どうしても吸うことを意識してしまいますが、肺が膨らんだままですと息は入ってきません。


 一度肺を縮ませるために息を最後まで吐ききって下さい。

*
息を吐くことに意識を集中してみましょう



 その際、体の緊張が息と一緒に体から出ていくイメージをしながら息を吐いてみて下さい。

吐く息にイメージで色を付けてみてもいいでしょう。

また、体の色々な所の筋肉の緊張が呼吸をする筋肉の緊張を作ってしまいます。


 そのため、ラジオ体操やストレッチなどをゆっくりとやり体の筋肉をほぐすこともいいでしょう。


 それでも呼吸が十分に改善しないのでしたら、慢性化しているためご自身ではなかなか対応できませんので、うつ病・自律神経失調症の整体専門家集団 健療院グループまでご相談下さい。 (» ご予約のお電話はこちらから


 当院グループでは、このような肺呼吸がうまくできない症状がある方には、頭蓋骨の矯正や自律神経の機能を高めることで迷走神経の機能を改善させる施術を行います。

横隔膜をよく動くように各部を調整したり、胃を下げたり肝臓の代謝を改善させたりする施術を行うことで、ある程度の呼吸はその場ですぐに改善させることができます。

完全に呼吸を改善させるためには、ある程度期間が必要な場合もあります。


細胞レベルでの呼吸を妨げている原因

 肺呼吸に重要な横隔膜の動きを妨げる原因を3つお伝えいたしましたが、先ほどお伝えしているように、呼吸には細胞呼吸という種類もあります。

次はそれについてご説明いたします。


 細胞の一つひとつも呼吸をしています。

これができないことでも、うつ病や自律神経失調症の症状がたくさん出ます。

細胞の呼吸がうまくできない場合は、肺呼吸のように本人は息苦しさをほとんど感じません。


 しかし、他の症状がたくさん出てきますので非常に重要です。

例えば、めまい・耳鳴り・治まらない痛み・しびれ・不眠・イライラ・不安・やる気が出ない・など他にも色々とあります。

細胞の呼吸は、細胞に酸素を取り込みそして二酸化炭素を吐き出します


 それがうまく行われなくなると、酸素が足りなくなり色々な症状が出るのです。

細胞の呼吸を妨げている原因は、血液の流れが滞ることです。

酸素は血液中のヘモグロビンが運びますので、血液の流れが滞ると細胞に酸素が届かなくなるのは理解できると思います。


*
血液の流れに問題が



 ではなぜ、血液の流れが滞ってしまうのか。


*膜組織の緊張

 大きい原因の一つが筋肉や靭帯などの膜組織の緊張です。

血管は筋肉や靭帯などの膜組織といわれるものが絡み合っているところを縫うように通っています。

そのため、これらの膜組織がよれたりひきつったり緊張したりすると、血管を塞いでしまうのです。


 すると、血液の流れが滞り細胞に酸素が届くのが少なくなってしまうのです。

また、神経の中にも血管は入り込んでいて、神経にも酸素を届けています。

神経に酸素が届かなくなると、その神経が正常に働かなくなります。


 そのためにうつ病や自律神経失調症の症状が出てきます。

例えば平衡感覚を感じる神経に酸素が届かなくなるとめまいを感じたり、音を感じる神経に酸素が届かなくなると耳鳴りが聞こえたり難聴になったりする場合もあります。

痛みを感じる神経が酸素不足になると痛みやしびれとなって表れる場合もあります。


*体のゆがみや精神的な緊張

 膜組織のひきつれの原因は、体のゆがみや精神的な緊張です。

膜組織は筋肉のようによく伸びるものもあれば、硬膜のようにほとんど伸びないものもあります。

体に大きなゆがみがあると、または小さなゆがみでもそれが長期間続くことで膜同士が癒着(くっつくこと)したり長さが変わってしまったりしてしまうことがあります。


 これは体のゆがみだけではなく精神的ストレスからも起こります。


 なぜなら、精神的ストレスを感じると、その精神状態に合わせて小脳や脳幹が無意識に体の姿勢や動きを変えてしまうのです。


 多くの場合、小さく縮まるように変わりますので、長期間精神的ストレスを感じることで膜組織に緊張が起こり、ひきつれたりよれたりしてしまうのです。


*
精神的ストレスの影響も考えられます。



 こうして膜組織に引きつれが起こると、血管を押しつぶしてしまい血液の流れを滞らせてしまうのです。


細胞レベルでの息苦しさ対策

 対策として、柔軟体操やストレッチを一日に3回ぐらい行い、座りっぱなしや立ちっぱなしなど同じ姿勢を2時間以上続けないようにして下さい。


 例えばパソコン作業などが多い方は2時間おきにトイレに立ち、軽く体操などをしてから仕事に戻るなど、同じ姿勢が続かないように工夫してみて下さい。


*
長時間おなじ姿勢でいるような方は注意です。



 また、イメージトレーニングとして体中を血液がめぐるイメージをしながら、深い呼吸などを行い、リラックスさせるものいいでしょう。

当院では、この膜組織の引きつれなどを独自な施術で取ることにより、血液の流れを改善させ細胞呼吸を元の状態に戻します。


 すると細胞には酸素がいきわたり、不快な症状も自然と改善していくのです。

以上、うつ病や自律神経失調症と呼吸についてお伝えしました。



「息苦しい呼吸」にお悩みでご来院された方の90%以上の方は、当院の自律神経専門療法を一度受けただけでも呼吸が楽になることを実感しています。、慢性的な方は数日後までに元に戻ってしまう方も多いですが、 繰り返し施術を受けることで継続的に呼吸が楽な状態が維持できるようになります。

*

※各院の詳細は「スタッフ紹介・地図・料金」のページをご覧ください。


【うつ病や自律神経失調症の薬の情報】




【コラム】うつ病や自律神経失調症の秘密

*

*

*

*

*

このページの上部へ



©2013 うつ・自律神経失調症整体専門家集団 健療院グループ.