TOP » 【コラム】うつ病や自律神経失調症の秘密 » 体の痙攣(けいれん)、引きつりの原因と対策

体の痙攣(けいれん)、引きつりの原因と対策

体の痙攣(けいれん)、引きつりの原因と対策

前の「体の痙攣(けいれん)、引きつり」のページでは、勝手に体が動いてしまう不思議な原理について解説しました。


ここからは、体や顔の引きつり・痙攣(けいれん)・ジストニアなどの心理学的・整体学的・神経学と生理学的からみたそれぞれの原因と対策・対処法についてお話していきます。


心理学的な「痙攣(けいれん)、引きつり」の原因と対策・対処法

では、まず心理学の視点から解説いたします。


心理学の分野の一つに「身体心理学」という分野がありますが、この分野では無意識に筋肉が動いてしまう不随意運動は、体が必要なために起こっていると考えます。


つまり、あなた自身は必要とは思っていなくてもあなたの体が必要だと思っているので、体や顔が引きつりや痙攣(けいれん)を起こしています。


ですから、体にとって悪いことが起きているわけではないのです。


むしろその不随意的な引きつりや痙攣(けいれん)が、心や体が大きな病気になるのを防いでいるといってもいいでしょう。


とはいっても、日常生活で困るレベルまで出てきてしまうと心理的にストレスにもなりますので、対処法も含めて更にここから読み進めてください。


心理学的な原因

心臓を早くしたり、胃液を出したり、血圧を高くしたりするのは、あなたが必要だと思って行っているわけではなく、体が必要だと思って脳と自律神経が指令を出しています。


つまり、あなたが意識しなくても体が必要だと思うと体は勝手に動くのです。


体が勝手に引きつりや痙攣(けいれん)したりするのは、悪霊が取りついていたり、何か発見不可能な病気にかかっていたりしているわけではありませんのでご安心ください。

(病院で異常がないか必ず検査をしてください)


ただ、心臓や血管そして胃などとは異なり、顔・腕・足などはいつも自分が意識的に動かしているので、自分が意図しない不随意運動がおこると不安になりますよね。


しかし、実は我々は無意識に腕や足を毎日動かしています。


分かりやすい例でいえば寝ている時の寝返りは無意識で行われています。


では、なぜ寝ているわけでもないのに、体の色々なところが動いてしまうのでしょうか?


身体心理学では、この引きつりや痙攣(けいれん)は我々の心や感情の状態が体を通して表に出ているにすぎないと考えます。


*
無意識でも動く体の不思議



結論からお話ししますと、自分のあるがままの心の状態や感情を表に出すことを抑えている方が、引きつりや痙攣(けいれん)が顔や体に出やすくなるのです。


詳しくは「うつ病の隠された原因。感情と筋肉」のページをご覧になっていただきたいのですが、怒りたいのに我慢していることが多いなど、自分の思いや感情を抑圧している方は、その感情が無意識に筋肉運動として出てくることがよくあるのです。


これが心理学的に見たひきつりや痙攣(けいれん)の原因なのです。


感情は自分を守るためのエネルギー源なのですが、それを抑え込むことは体にとっては非常に不快なストレスです。


それがたくさん積み重なることで体は感情エネルギーを抑えきれなくなり、不随意運動として筋肉の引きつりや痙攣(けいれん)を起こして感情エネルギーを外に出しているのです。


言いかえると、怒りや悲しみなどのあなたの感情をあなたの筋肉が表現しているのです。


心理学的な対策

対策としては、体や顔の引きつりや痙攣(けいれん)が出てしまいましたら、それを抑え込もうと思わないことが重要です。


会社や学校など外出先でそれらが出てしまうと抑え込むしかない場合もありますが、自宅や人がいない場所、そして不随意運動が出てしまうことを理解している方の前では抑え込まないようにしてください。


抑え込まないようにすればするほど、体にとってはいいことになるのです。


逆に抑え込もうとすればするほど、体に悪いことをしていると思ってください。


人により、引きつりや痙攣(けいれん)の出やすい姿勢やポーズがあるという方がおりますが、自宅などではその姿勢を取り、できるだけひきつりや痙攣(けいれん)が出るようにすることをお勧めします。


ただ注意することは、一度それが出てしまうと、おさまるまで数時間かかる方もおりますので、その辺の時間的なモノも考えて出す必要もあるでしょう。


もちろん、抑え込むことは体によくないと理解していてください。


寝ているときは無意識になるので出る方も多いです。


つい目が覚めてしまったり不安になったりしますが、気にせずに寝ていてください。


そして全部出きってしまえば引きつりや痙攣(けいれん)は出なくなります。


ですから、引きつりや痙攣(けいれん)が出てきたらむしろ治る方向に向かっているとポジティブに考えてもいいのです。


しかし、何年も感情を溜め込んでいる方が多いので、一日二日ではなかなか全てできることはありませんから長い目で見る必要があります。


更に日頃から自分の思いや感情を外に出す、つまり「表現する」ことを心がけてください。


自分が思っていること、感じていることをそのまま外に出すことが重要です。


もちろん、社会生活を送っていれば感情を出せないところにいることも多いですが、出してもいい人や出してもいい場所を考えて出せるときはたくさん出してください。


そして出せる人や場所を増やしていってください。


*
感情を出せる人や場所ありますか?



また、自分の感情やからだのモヤモヤ感を言語化できないのでうまく外に出せないという方もいるでしょう。


その場合は、自分の得意な表現方法を使ってください。たとえばダンスが得意ならダンスで、音楽が得意なら音楽で、絵が得意なら絵で表現するというのもいいでしょう。


それが思いや感情を外に出すことになります。自分の思いや感情を表現するということは、「自分を大切にする」ということなのです。


これが心理学的な対策になります。


体は正直です。感情など、出るものが出なければ違う形で出そうとします。


体や顔の引きつり、そして痙攣(けいれん)などはそのような感情が違う形で外に出ていると考えてください。


あなたの本当の気持ちを、あなたの体は忘れていないのです。


このページでは、心の状態や感情を表に出すことを抑えていると、引きつりや痙攣(けいれん)が起こるので、心の状態や感情を表現することが引きつりや痙攣(けいれん)の対策になることについてお伝えしました。

次のページでは、整体学的な「痙攣(けいれん)や引きつり」の原因と対策・対処法についてお伝えします。



人気の記事ランキング
症状に合わせた整体法
病気や症状の情報
顎関節症の情報
うつの基礎情報
うつや自律神経失調症を改善する生活スタイル
うつ病や自律神経失調症の薬の情報
感情とうつ病や自律神経失調症の症状の情報
脳や神経の情報
関連ページ

*

*

*

*

*

このページの上部へ



©2013 うつ・自律神経失調症整体専門家集団 健療院グループ.