TOP » 症状に合わせた整体法 » その他の症状に合わせた整体

その他の症状に合わせた整体

その他の症状に合わせた整体

その他の症状に合わせた整体

自律神経が乱れることにより現れる症状は様々なものがあります。
特に下記の症状は多く現れますので各症状の整体法をお伝えしております。


これらは自律神経の働きが乱れているために出ている症状なので、自律神経を整える整体を行います。



上記以外でも自律神経が乱れて現れる症状は様々なものがあります。
それらは自律神経失調症と呼ばれますが、まずは具体的にどのような症状が現れるかをご覧ください。
そのあとに様々な症状に対しての整体法をお伝えいたします。

*

自律神経失調症といっても症状は様々です。



具体的な症状例

全身

やる気はあるが体が付いてこない感じ・立ちくらみ・叫びたくなる・低血圧・血圧が上がる・全身に力が入らない・その他

頭部

頭痛・頭重感・吐き気・嘔吐・目の奥の痛み・視界が狭くなる・物が見にくくなる・まぶしく感じる・鼻炎・音がうるさく聞こえる・首の痛み・寝違え・その他

腕や腋の痛みやしびれ・力が入らない・むずむずする・ひりひりする・むくむ・自分の腕じゃないような感じがする・冷える・よく汗をかく・その他

お腹や腰

胃痛・食欲不振・膨満感・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・潰瘍性大腸炎・便秘・下痢・腰の痛み・頻尿・腸がひきつるような感じ・お腹の痛み・その他

足の痛みやしびれ・力が入らない・フラフラして立てない・ 股関節の痛み・むずむずする・ひりひりする・冷える・よく汗をかく・その他

心や気持ち

やる気がなくなる・体は休みたいのに休めない・あせり・不安感や恐怖感が強い・〇〇〇しないと気がすまない感じ・何に対しても興味がなくなる・異常にさみしく感じる・ネガティブになってしまう・罪悪感を持ってしまう・死にたくなる・その他

腕や腋の痛みやしびれ・力が入らない・むずむずする・ひりひりする・むくむ・自分の腕じゃないような感じがする・冷える・よく汗をかく・その他


自律神経が乱れることにより現れる症状は上記のように様々な症状になります。


実は我々が意識して体を動かせるところはたった3%ほどしかなく、残りの97%は自律神経系がコントロールしているのです。


また、自律神経は我々の体だけではなく心の状態もコントロールしています。
そのため、自律神経の働きが乱れると、体だけでなく心にも症状が出てきます。
これら自律神経の乱れで起きた症状には、自律神経を元に戻すための整体を行います。


例えば、自律神経が乱れやすい体のゆがみというものがあります。
首や頭蓋骨、内臓や呼吸を行うための横隔膜にゆがみや緊張が生まれると自律神経が乱れやすくなります。


大切なことは、自律神経のゆがみを整えること

そのため、自律神経のゆがみに対しては首や頭蓋骨、 内臓や横隔膜などを調整していきます。

*

横隔膜を改善する整体法

*

頭蓋骨の調整

*

内臓の調整


まとめ

自律神経の乱れは一朝一夕では起こりません。 日々の積み重ねが自律神経を乱れさせてしますのです。


自律神経の乱れを元に戻すときも一朝一夕というわけにはいきませんので、症状がひどい場合には自律神経を元に戻す整体を続けて行う必要があります。


自律神経が元に戻り始めると症状も元に戻るようになります。 自律神経が元に戻ることで体や心がこんなにも軽くなるのかと驚く患者さんも多いです。


自律神経失調症の症状に悩む患者さんからの声


自律神経失調症の症状に悩む患者さん


【自律神経失調症の症状に関連するページ】




*


*

*

*

*

*

このページの上部へ



©2013 うつ・自律神経失調症整体専門家集団 健療院グループ.